早期発見が大事な病気です|多くの人とが悩んでいる双極性障害を知る|薬による治療が中心

多くの人とが悩んでいる双極性障害を知る|薬による治療が中心

サイトメニュー

早期発見が大事な病気です

カウンセリング

病院の選び方をアドバイス

双極性障害は20代から、30代ぐらいに発症することが多く、躁状態とうつの状態を繰り返す精神疾患のひとつです。うつ状態になると無気力になったり、仕事や家事、見だしなみに影響が出てきたり、不安感が強くなる傾向があります。躁の状態になると、話しだすと止まらなくなったり、お金を浪費したり、落ち着きがなくなるなどの症状が見られます。双極性障害が疑われる場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診して、診察やカウンセリングを受けたり、精神病チェックを行ったりして病気が診断されることが多いです。病院やクリニックを選ぶ時は、自宅から利便性の高い立地にあり、経験豊富な医療スタッフが在籍をしている所を選んで下さい。双極性障害は本人はもちろん、同居している家族にとっても辛い病気ですが、早い段階から治療を受けることで、病気をコントロールしたり、寛解した状態を長く保ったりすることが可能です。双極性障害は再発が多い病気なので、症状が改善しても薬を中断したり減薬だったりはしないことが大事です。双極性障害は多少は遺伝的な要因もありますが、環境の変化や人間関係のストレスなどが原因で発症することが多い病気です。病気が疑われる時は家族に付き添ってもらい、精神神経科の病院やクリニックを受診しましょう。精神神経科の病院やクリニックでは、一人一人の症状に合わせて気分安定薬や抗精神病薬などが処方されます。双極性障害は十分な休息や睡眠が必要な病気なので、夜更かしは避けて朝型の規則正しい生活を心掛けることが大事です。双極性障害はカウンセリングだけで治る病気ではないですが、精神療法も大変有効です。精神神経科の病院やクリニックでは、薬や精神療法などを行い、寛解状態を長く維持するのを目的としています。薬の副作用が気になっていたり、量が多いと感じていたりする場合は医師や薬剤師に相談をすると良いでしょう。双極性障害は治療期間が長くなるケースもありますが、早期発見、治療を受けることで、職場や学校に復帰をしている人も多いです。普段の生活では過度なストレスを溜めないようにしたり、一時的に休職をしたりすることも大事です。

Copyright© 2018 多くの人とが悩んでいる双極性障害を知る|薬による治療が中心 All Rights Reserved.