気分障害とも言われている|多くの人とが悩んでいる双極性障害を知る|薬による治療が中心

多くの人とが悩んでいる双極性障害を知る|薬による治療が中心

サイトメニュー

気分障害とも言われている

ハート

躁鬱状態が継続する

双極性障害とは、別名気分障害とも言われています。精神疾患の中でも気分が著しく影響を与えるのでこう呼ばれているのです。症状としては、うつ病と躁状態が繰り返されるのが特徴。通常うつ病であれば、気持ちが落ち込み、やる気がでなかったり、苦しい気持ちが継続したりします。しかし、双極性障害の場合は、うつ状態から急にハイテンションに気分が高揚する時があるのです。そのような状態を総称して双極性障害と言います。うつ状態にプラスして、軽躁状態が続く場合は双極?型障害と言われているのです。さっきまで暗い顔でいたのに、急に楽しそうにしている人を見掛けたことはありませんか。気分屋として認知されていることも多いのですが、その状態が極端になった場合は双極性障害として分類することができます。また、その気分の上げ下げに対して本人が辛いと感じている場合には治療が必要となります。自分で感情のコントロールができない場合に関しても注意が必要となってくるでしょう。周囲の人間がその状態に気付き病院を受診する場合も少なくありません。うつ状態と躁状態が繰り返されることで、自分自身が疲弊してしまうことも少なくありません。うつ状態の時には存在している意味がないとすら感じているのに、突然気分が一気に高揚するので、身体的にも疲れてしまうのです。そのような状況を改善するには、専門家を受診し適切な治療を行うことが必要となるでしょう。精神的な安定を図ることで、気分の上げ下げを平坦にすることができます。もちろん、投薬に対して抵抗がある人は、認知行動や対人関係に対しての捉え方について学ぶことが大切です。人よりも色々なことに過敏な人に双極性障害は多く、人の言動や動作に対して一喜一憂してしまう傾向があるので、そのような事柄に対してどのように認知していけばいいのかを学ぶことが大切です。専門家を受診することで、自分に合った治療方法を教えてもらうことができますし、双極性障害との向き合い方のアドバイスをもらうことも可能です。自分でコントロールすることができないと感じた時には迷わずに受診することをおすすめします。

Copyright© 2018 多くの人とが悩んでいる双極性障害を知る|薬による治療が中心 All Rights Reserved.