多くの人とが悩んでいる双極性障害を知る|薬による治療が中心

サイトメニュー

自分に合う治療法を探す

医者

周囲の反応を恐れない事

双極性障害を発症してしまった人は、スケジュールの乱れにも敏感になり、病気が原因でスケジュールが狂った事が、許せなくなってしまう事も珍しくありません。体調が変化してしまい、冠婚葬祭などの行事に参加できなかった事が原因で、精神状態が大きく変化する事にならないよう、周囲に理解を求めておく事を推奨します。周囲の理解を得られる事によって、突然に体調が変化してしまった場合も、体調を改善する事に専念しやすくなります。自身が双極性障害を発症している事を隠そうとして、周囲の協力を得られない状態が続いてしまうと、精神面にも悪影響が及ぶ可能性が多いです。双極性障害に関する説明を周囲に行うためのサポートも、医師が行ってくれますから、まずは医師に相談をしてください。病気を発症してしまったと周囲に告げるのは、勇気が必要になるかもしれませんが、一人で病気の苦しみを抱え込まない事が重要です。治療のために一定の休養期間をもらえたり、周囲のサポートを得られたりした事によって、病状が安定したという人も大勢います。長期的に双極性障害の治療を続けていて、今まで服用してきた治療薬の効果に満足できていないのであれば、新しい治療薬を試しに服用してください。保険が適用される治療薬の種類も増えてきており、うつ症状だけでなく躁症状の改善にも役立つ薬も処方してもらえます。効果が出ないと感じた治療薬の服用を長期的に続けるのではなく、保険が適用されるようになった新薬を服用してみたいと、医師に相談しておく事も重要です。今までとは違った治療薬を服用した際には、気分の浮き沈みが改善されたか確かめるだけでなく、浮き沈みのタイミングを予測しやすくなったか確認してください。服用する治療薬の種類を変える事によって、躁状態になってしまうタイミングが分かりやすくなり、仕事の休憩時間を設定しやすくなったという人も多いです。双極性障害の症状が緩和される事だけが、服用する薬を変える事のメリットだと考えずに、柔軟に治療法を変えていく事を推奨します。薬の効果が実感できなかったとしても、すぐに服用量を増やそうとせずに、まずは体調の変化を確かめてください。

Copyright© 2018 多くの人とが悩んでいる双極性障害を知る|薬による治療が中心 All Rights Reserved.